山梨 青木ヶ原・忍野八海

庭を設計している時、自分の中の原風景から構想を導き出すことがあります。

茶飲み話でそういった話になり、仕事仲間から青木ヶ原樹海の風景をしばしば引用していると聞かせて貰ってから気になっていて、先日ドライブがてら行ってみることにしました。

神奈川県の湘南界隈から2時間足らずで行ける距離なものの、“自殺の名所”のイメージが強くてなんとなく敬遠していたのがもったいなかった、、、落葉広葉樹と針葉樹が絶妙に混ざり合った深い森、その土台は富士山噴火による溶岩流によって面白く形作られており、私の様な庭師から見ればあちこちに『つくばい』が据えられている様で、いつまでも眺めていられる空間でした。

樹海の庭を堪能したら、これまた気になっていた忍野八海へ。

着いたのは夕方4時過ぎでしたが思った以上に観光客で混雑していたので暫し休憩、帰り始めたのを見計らってからのんびり散策しました。富士山の雨や雪解け水が湧き出る綺麗な池と流れ・日没前の柔らかな夕日に照らされた風景の中でなんだか穏やかな気持ちになりました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP